ガーミン35Jを1年間使用した率直な感想。ファンランナーにはオーバースペックです。

GARMIN ForeAthlete 35J

 

こんにちは「ゆきだるま」と申します。

普段は新潟の「登山」についてブログを書いています。

今回は「ガーミン」を1年間使用して 思ったことです。

 

前にも記事にしましたが、中古品を購入して 半年ほどで故障してしまいました。

なので、現在は新品を使用しています。

 

値段について
25,259円で販売されています。

 

高いですよね。

 

アマゾンで調べると

アマゾンだと

左に表示されている値段です。

少しは安くなっていますね。

 

機能面について(運動中)

 

画面表示

画面に 『距離・タイム・ペース
または『心拍ゾーン・心拍・カロリー』が
表示されます。

 

ラップ

ラップは「1km」で設定します。
0.4kmで設定することもできます。

 

ラップは位置で設定もできます

わたしはしたことはありませんが、周回コースなんかは 位置でラップを行うと便利です。

 

ランニングウォッチに必要なのは、時間と距離とペースだと考えています。

 

カスタマイズで 表示されるものを選択することもできます。

 

距離・タイム・ペース心拍ゾーン・心拍・カロリー

以外に

『スピード(時速)・ラップタイム・ラップ距離・ラップペース・ラップスピード・平均ペース・平均スピード』

を表示することできます。

ペースは1kmを何分で走れるか。

スピードは時速何キロか です。

 

わたしは カスタマイズを行っていません。

走行中の時の画面は『距離・タイム・ペース』が表示されています。

 

スマホやPCと連携(運動後)

 

スマホやPC連携すると、高度なデータを入手できます。

 

2022年11月にハーフマラソンを走りました。

 

その時のデータをご覧ください。

 


距離・タイム・平均ペース・総上昇量・カロリーが表示されます。

 

カロリーが表示されるのはダイエットをしている人には 良いかもしれません。^^

 

どんな コースを走ったのか 地図で表示されています。
色が赤いのは 平均よりも 早いペース
色が青いのは 平均よりも 遅いペース
です。

 

1kmごとの ラップタイム・心拍数 が分かります。
この表は 横にもっと長いです。
1kmごとの 平均ピッチ・平均歩幅・カロリー などが表示されます。

 

心拍数を知ることが出来ます。
レース中は心拍が160bpmを超えて走っています。
高すぎですか?

 

レース中の88%が
「ゾーン5」の心拍数161bpm以上になっています。

 

ピッチは180くらいです。

 

ピッチって?
180 spm(step per minute/1分間に刻む回数)
1分間に180歩 進んでいる事になります。

 

まとめ

 

ガーミン 素晴らしいですね。

機能が充実しています。

ここから正直な感想ですが、はっきり言って オーバースペックです。

 

走行中に携帯とリンクすると

ミュージックの操作をランニングウォッチでできるみたいです。

曲送りしたり、再生/停止したり・・・

他にも 電話があったりメールが来たとの通知が ランニングウォッチに表示されます。

 

皆さん この機能使ってます?

 

そして、先ほど紹介した、心拍ゾーンやピッチを知ることが出来ますが・・・

気にしてます?

自分の心拍やピッチを考えたことがありますか?

ファンランのわたしには 必要のない機能です。

 

願わくば 値段を安く(10,000円以下)して

「距離・タイム・ラップごとのペース」だけが分かる

ランニングウォッチが欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました