【燕市】拉麺 王風珍

王風珍

2021年11月24日(水)に燕市にある「王風珍」に行ってきました。このお店は30年以上続く老舗のようです。

「ラーメンウォーカー」にも取り上げられてますね。

拉麺 王風珍 (らーめん わんふうちん) - 新潟らーめん巡り【中越版】
拉麺 王風珍 - 燕市下栗生津2955-2 0256-92-7748/ 新潟県のラーメン店検索やお得なクーポン情報が満載!燕・三条・長岡・加茂・湯沢・柏崎の人気店を多数掲載!

場所

住所は「燕市下栗生津2995-2」になります。

ストリートビュー

国道116号沿いにあります。

メニュー

  • 王風めん(赤)or(白)
  • 背脂醤油らーめん
  • ねぎ味噌らーめん
  • 塩らーめん
  • タンメン

などがあります。

サイドメニュー

餃子は手作りのようです。

王風めん(赤)

ラーパスを使用して煮玉子トッピングです。

具材は、チャーシュー・のり・ほうれんそう(かな?)・白髪ねぎ です。

 

上手に 麺を すくう事ができませんでした。

これ1発撮りだからミスできないんですよね。orz

さて、麺は自家製麺だそうです。

吉田高校の人がインタビューをして、麺の特徴を説明してくれてました。

王風珍独自の粉の配合で、ジゴナの全粒粉をつかっていて、人が手で押したような柔くてコシがあるように作られている。

地粉ってなんだ? | 三鷹・吉祥寺のパン教室ぐーちょきぱん

ジゴナ?って なにか調べたら、地元で収穫、製粉された国産小麦粉だそうです。

地粉という形で商品化されているのは中力粉が多いそうです。

地産地消は うれしいですね。

スープ

ラーメンウォーカーによると、ベースは背脂醤油らーめんのようです。

煮干しを大量に使いガッツリとダシを効かせ、良質な背脂のコクと深みあるスープ。

今回は王風めん(赤)なので、それに辛味(ピリ辛ネギ)も加えられています。

まとめ

煮干しの効いたラーメンをいただきました。背脂も合わさって とっても濃厚でおいしかったです。30年以上続いている「背脂らーめん」。

なので、「wiki」の燕三条背脂ラーメンに代表的な店舗として掲載される日も近いですね。今は、杭州飯店福来亭まつや食堂酒麺亭 潤 の4店舗が代表的な店舗として紹介されています。

おまけ

「新潟 ラーメン」でアマゾン検索をかけた おすすめ2品 です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました