宮崎駿監督作品【カリオストロの城】ルパンの年齢を考察してみた。

カリオストロの城

 

こんにちは「ゆきだるま」と申します。

先日 「カリオストロの城」を映画館で観てきました。

2022年9月9日〜(2週間限定)で リバイバル上映してくれました。

 

映画での特典

 

 

9月13日はクラリスと伯爵の結婚式が行われた日です。

この日に映画を見るとステッカーが貰えます。

 

ステッカーをGETできました。(^^)v

 

 

もう一度 ステッカーに注目

 

↓赤丸に注目↓

12 septembre 1968 と 新聞の日付があります。

 

この映画の舞台は1968年でした。

映画は1979年公開です。

映画公開の10年前が舞台となっているようです。

 

これを元に ルパンの年齢を考察します。

 

 

ルパンの年齢を考えられるポイントは2つありました。

ポイント①

銭形警部を昭和一桁と言っている。

 

この言葉の裏を返すと、ルパンは昭和10年以降の生まれとなります。

 

つまり・・・

1935年以降の生まれなので、

 

1968-1935=33

 

33歳より若いことが分かります。

 

ポイント②

 

10年以上の前の話になります。

1958年よりも前の話です。

車に乗っています。

ヨーロッパでは16歳から運転免許が入手可能だそうです。

カジノに入店しています。

ラスベガスだと21歳から入店可能です。

モナコは19歳から

 

このことより、10年前のルパンは20歳以上であると思われます。

 

ルパンの年齢

 

2つのことから

ルパンの年齢は

 

30歳〜33歳であると思われます。

 

 

この時のルパンは何歳に見えますか?

みなさんの意見も聞かせてください。

 

おまけ

 

さて、これでブログの内容は終わりなのですが・・・

 

せっかくなので、カリオストロの城の時系列を解説して ブログを終了します。

 

先ほども話したように 9月13日が結婚式です。

 

時系列がわかる内容を紹介します。

きのう 修道院から戻られた
ご婚礼まであと5日
撃たれてから3日 経過したことを知る。
9月12日の新聞の切り抜きに

『明朝 結婚式』とあります。

時計が2時45分を指しています。

 

 

9月6日(?)

クラリスが修道院から戻る

9月7日(?)
クラリスと出会う
その夜 「暗殺のプロ」と戦う
9月8日 (結婚式5日前)
銭形がカリオストロ公国に到着
その夜 ローマ水道を通り「カリオストロの城」に侵入する
クラリスと再会
地下牢獄でルパンと銭形が一夜を共にする
9月9日
ゴート札の謎を知り 一時休戦する
クラリス救出に失敗する
9月10日〜9月11日
インターポールにゴート札の情報を伝える
(後任が決まり次第)

ルパンの任を解かれ、帰国の準備をする

9月12日
食料を食べて 回復する
不二子から ルパンが結婚式を襲うことを教えてもらう
9月13日
クラリスと再会
指輪の文字で謎が解ける
9月14日
ルパンと伯爵が戦う
お宝を発見する

大きすぎるため ルパンは手にすることを諦める

おでこにKissをして別れる

 

まとめ

 

アニメのルパンを知るきっかけになったのは この「カリオストロの城」の映画です。

 

その後、金曜ロードショーで「ロシアより愛を込めて」や「トワイライト☆ジェミニの秘密」などの作品をVHSに録画して何度も見ていました。

 

最近は まったく 見ていません。

今度 TSUTAYAで借りて見てみようかと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました