長岡市にある大平山 真夏の平日登山は誰とも遭遇しませんでした。

大平山(おおひらやま)

 

こんにちは「ゆきだるま」と申します。

新潟の「自称 (低山)ソロ登山ブロガー」です。

今回は長岡市の大平山おおひらやま)に登りました。

村上市にも大平山がありますが、あちらは「おおだいらやま」です。

漢字が同じなので、まぎらわしいですね。

撮影日は 6月30日(木)の平日です。

 

愛読書
23番目に紹介されています。

 

登山口〜山頂まで1時間20分
難易度★☆☆☆

 

登山をした感想

忙しい人に、感想から述べます。

・駐車場まで狭い道を通らないといけません。
・駐車場に(水洗)トイレがあります。
・登山道は整備されています。
・登山道・山頂にトイレはありません。
・標識はありますが、破壊(?)されているものもあります。
YMAPに赤線や点線ですら表示されていません。(←ここ重要
・コースは「健康コース」と「健脚コース」があります。
・山頂は見晴らしが良かったです。
・登山中に登山者とすれ違うことはありませんでした。

 

解説に入る前に・・・

この日はとても暑かったです。

新潟市の最高気温ですが、31℃でした。

 

そして、困ったことに、YAMAPに赤線で表示されていません。

2022年6月現在。
隣の「八方台」は赤線で表示されています。

なので、今回は地図もなしに登山をしました。

ソロ登山なんで、地図がないと不安になりますよね。

 

標識

登山道に標識はあります。

あるんですが・・・

壊れたんですか?

見えなくなってるのがありました。

 

駐車場まで

カーナビがあれば「新潟県長岡市北荷頃3528−1」と入力してみてください。

太陽パネルがあるところの住所が表示されると思います。

自作地図

北荷頃T字路

曲がる場所

細くなる道

③〜④

の区間

駐車場

③からGoogleMapの地図では道路の線が消えてます。

なので、車で進むのが不安になります。

駐車場まで対向車が来ないことを祈りましょう。

 

余談ですが、今回 わたしは怖くなって、③の少し広くなってる路肩に車を停めて、そこから歩いて駐車場までいきました。

駐車場・トイレ

5台は駐車できるでしょうか。
トイレに入ると、自動で電気がつきました。
それと 水洗トイレでした。
清掃もされてました。
ありがとうございます。

 

登山口まで


それでは駐車場から登山口まで歩きます。
10分くらい歩いたでしょうか。
歩いてすぐに十字路がありますが、まっすぐです。
右は「カタクリ群生地探索の路」だそうです。
砂利道になります。
車でもこれそうですが、その先に駐車場はありません。
途中、木の標識があります。
「登山口」の方へ向かっていきましょう。
池が見えてきました。右手に池を見ながら進むと・・・
分岐
健脚コース」と「健康コース」に分岐されます。
本で紹介されているコースは健康コースだったので、そちらを選択しました。

 

健康コース

健康コースを進みます。
少し下って 丸太の橋を渡ります。

登山口

ここの登山口 間違いやすいです。

木が置いてあって、まっすぐではないことが分かります。
右の赤いテープがある方が登山道です。
登山口の看板が壊れて 地面に置いてありました。

 

登山口〜中間点

赤いテープを頼りに 進んでいきましょう。
登山道は整備されています。
あと 蜘蛛の巣はありましたが ビッシリとしたものはありませんでした。
人気のない山だと 蜘蛛の巣が多くて テンションが下がりますよね。
基本 日陰を歩いているので、景色が良いところはありません。
たまに 開けて周りを見渡せる箇所もあります。
冒頭にも言いましたが、気温が30℃くらいあって 日陰なのに暑かったです。
「登山口まで400m」と書かれていたと推測します。
そして 歩いていると また 看板がありました。
「登山口まで600m」

 

中間点〜山頂

「中間点 700m」と書かれているのでしょう。

ここにきて 全体のコースの長さが1400mというのがわかりました。

中間点を過ぎてしばらく進んでいると

 

合流地点

右側に登山道がありますね。
ここで、健脚コースと合流しました。

後で説明しますが、下山はこちらを通って帰りました。

木漏れ日があって、日差しが強い場所もあります。
登山口まで1000mなので、残り400mです。
山頂付近にきても登山道は綺麗に整備されています。
頂上まで残り200mになりました。

ここからです。

ここからがキツかったです。

今回の傾斜を見てください。

健康コースの傾斜
傾斜が激しくなってますね。
ロープがありました。
上りの時は使用しませんでしたが、下りでは使いました。
そぉそぉ このあたり景色が良かったです。
素敵な景色が見えるところから もう少し登ると・・・

山頂

山頂に到着です。
山頂はそこそこスペースがあります。でも 草が茂っていますね。
山頂からの景色

かなり見渡せますね。

反対側は木で覆われていて見渡せませんでした。
景色はいいのですが、なんの山かは 分かりません。
少し気になったことですが、山頂にもう一つの登山道がありました。
他にも登山道があるようですね。
YAMAPのアプリで表示されないので、どこに繋がっているのかわからないです。

 

 

まとめ

今回は 駐車場から山頂。そして下山まで誰とも会うことはありませんでした。

平日だからでしょうか。

それとも暑いからですかね。

駐車場に水洗トイレもあります。

山頂からの景色もいいので、人気がでそうですよね。

ただ、YAMAPに表示されないのが・・・

これが本当に困ります。

 

おまけ(健脚コース)

最後に、健脚コースを紹介してこのブログを終了します。

登山口手前の分岐で「健脚コース」というものがありました。
そちらはどうなっているのでしょうか

※今回は登っていません

下山の時に撮影した写真となります。

ステップを昇って、赤いテープを頼りに行きましょう。
序盤はジグザクと登っていきます。
下を見ると、先ほど通った池の全体が見えます。
こちらも登山道は整備されています。
こちらのコースも蜘蛛の巣は少なかったです。
たまに下りも混じっています。
木の階段が見えますね。
ここからです。
ここから激坂のスタートです。

 

ここで、健康コースと健脚コースの傾斜を見比べてみましょう。

健康コース健脚コース

坂の違いがわかるでしょうか?

「健脚コース」は後半の激坂がエグいです。

※わたしはこの坂を下っただけですが、かなりの傾斜でした。

 

坂を登ると・・・

健康コースと合流します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました