【上越市】青田南葉山(難波山)

青田南葉山

2021年5月31日(月)に青田南葉山に登ってきました。「なんばさん」は難波山とも書くそうですが、わたしの手元の本では南葉山と表記されていたので、今回は青田南葉山として掲載します。なお、YAMAPでは難波山となっています。

わたしの愛読書
「新潟山歩き50選」の写真

36番目に紹介されている青田南葉山

登山口から山頂まで 1時間30分
難易度 ★☆☆☆

“愛読書より引用”

登山しての感想

忙しい人のために先に結論から言います。これから初めて 青田南葉山を登ろうとされている人が、このWebサイトを見てくれているとしたら、次の用意をしてください。

・GPS付きのスマートフォン

・YAMAPなどの地図アプリ

YAMAPの地図を事前にダウンロードしていたので とても助かりました。

登山道のいたるところに道標がありますが、それでも分かりづらいです。5月ですが、登山道には雪が残っています。道なのか雪がしかれているだけなのか判断がつかない箇所がありました。

8合目あたりの登山道

木にペイントをしていただいている方ありがとうございます。50m間隔であったでしょうか。助かりました。

駐車場まで

駐車場は南葉高原キャンプ場に向かっていきます。

南葉高原キャンプ場 - 上越市ホームページ
標高949メートルの南葉山中腹に位置し、市街地や日本海が一望できるキャンプ場です。新緑から紅葉まで季節の移り変わりの美しさが実感できます。
県道85号から362号へ

362号の細い道をひたすら登っていきます。

一度だけある分岐点

キャンプ場の方に向かいます。後谷ダムではありません。

登山者の駐車場は右

この道を左にいくとキャンプ場です。

看板にも登山専用駐車場とあります

駐車場はテニスコート2枚はあるでしょうか?この日は平日なのでしょう。空いていました。

駐車場から登山口まで

キャンプ場へ

10分くらい歩くとキャンプ場に到着

起点に到着

キャンプ場内にあるトイレ

きれいに掃除されていました。

登り・・・木落し坂コース

下り・・・明神沢コース

周回コースです

アスファルトの道から登山道へ

木落し坂コース

4合目までは傾斜がゆるやかで登りやすいです。木に囲まれているので日陰が多いのも助かります。

○合目という表記があったのはこの「四」からだと思います。そして、ここから急登と表記がありました。

五合目

上り坂は急ですが、迷うことはありません。

六合目

六合目は水場がありました。

振り返るととても素敵な景色が広がっています。

ミラーレスカメラを持っているのですが・・・登山には邪魔になるので持ち歩かないんですよね。もったいないことをしました。

見晴らし台へ

7合目でルートを外れて見晴らし台にいきました。1分くらいで着きます。

見晴らし台

見晴らし台からの景色

このあたりから急な登りは少なくなってきました。しかし残雪がのこる登山道になります。

雪道の上が登山道です

山頂

山頂には先客が2名いました。

山頂の広さはどうなのでしょうか?テニスコート1面はあるのでしょうか?

山頂にも雪が残っています

明神沢コースへ

こちらが正解です

ここから隣の山の籠町南葉山にいけるようですが、こっちのコースではありません。

まず、最初はかなり急な下り坂になります。気をつけて降りてください。

明神峠

ここが一番 道がわかりませんでした。川を渡るのですが、あまりにも急なので、道を間違えたかと思いました。

すれ違えないくらい狭い道

せまい上に雪道です(・・?)

なかなかアスレチックな登山道になっています。登りよりも下りの方が大変だったような気がします。

キャンプ場に到着

景色が最高ですね。こぉゆうところでキャンプをしてみたいですね。

まとめ

冒頭でも言いましたが、初めて登る人は GPSの地図アプリを入れておいた方がいいです。あと本に書いてある難易度だと レベルが「星一つ」なのですが、もう少し高いと思います。「星 2 」のつもりで登った方がいいと思います。

3時間13分かかりました

コメント

タイトルとURLをコピーしました