河井継之助の生涯を描いた『峠』公開初日に視聴。侍の生き様を見ました。

映画「峠 最後のサムライ」

 

2022年6月17日(金)に 映画『峠 最後のサムライ』が全国公開されました。

内容は新潟の英雄 『河井継之助』の北越戊辰戦争の様子が描かれました。

映画を見られてない方が大半だと思うので、簡単に感想だけ伝えます。

 

予告

林修

↑林先生が河井継之助を尊敬している内容の動画です。

 

河井継之助って?

河井継之助の読みは かわいつぎのすけです。

1827年に生まれ、1868年に亡くなっているので、41歳という短い生涯でした。

1827年0歳長岡城下に生まれる
1852年25歳江戸に遊学

佐久間象山に学ぶ

1859年32歳江戸、備中松山、長崎へ遊学

山田方谷らの教えを請う

1865年38歳郡奉行に就任。藩政改革に着手
1867年大政奉還(←映画はここから
1868年41歳小千谷談判(決裂)

北越戦争開戦

会津塩沢で没(享年42)

映画のキャスト

河井継之助

おすが(継之助の妻)

牧野雪堂

 

映画で印象に残ったところ

この映画は派手な戦闘シーンがあるわけではありません。

真田幸村みたいに 単騎で数万の兵に突進するような事はないです。

淡々と歴史の史実通り内容が進みます。

YouTube

↑こんな戦闘シーンが好みです。

 

その中で印象に残ったシーンは、「小千谷談判」のところです。

河井継之助が新政府軍と会談をして、会津と戦争回避についての話し合いをする予定でしたが、岩村精一郎(当時23-24歳)に時間稼ぎと思われて、交渉することなく決裂しました。

ここは残念なシーンでした。

 

まとめ

河井継之助は新潟の偉人ですが、評価はどうですか?

敗戦の将なので、厳しい評価もありますよね。

武装中立が成功し 戊辰戦争を回避していれば、偉人中の偉人になれたのでしょうが…

単純に新政府軍に味方をしても、会津との戦いになれば 前線に送られて たくさんの長岡藩の武士が亡くなります。長岡が戦火にならないかわりに、長岡藩の誇りもなくなります。

勝ち馬にのらずに、徳川との義を守った河井継之助を 嫌いにはなれませんよね。

みなさんはどのような評価ですか?

コメント欄で教えてください。

 

ロケ地

自作地図

①北方文化博物館

②佐潟水鳥・湿地センター

③長谷川邸

④西脇邸

⑤朝日山古戦場

⑥オオクラ見晴台

↑小千谷市川井のポイントです。

⑦新発田城

⑧市島邸

⑨慈光寺

⑩雲洞庵

(11)渡邉邸

コメント

タイトルとURLをコピーしました