【燕市】磨きの町のラーメン屋 味我駆

味我駆

2021年11月10日(水)に 燕市 にある「味我駆」に行ってきました。ネットで調べると燕三条系ラーメンの「背脂系ラーメン」が推しでしょうか。

場所

住所は「燕市吉田下中野391-5」になります。

ストリートビュー

国道116号線 沿い にあります。

メニュー

光で反射して見づらいですね。

  • 背脂中華
  • 味噌ラーメン
  • 丸鶏塩ラーメン
  • 魚介醤油
  • 豚らーめん(夜限定)
  • Wチャーシュー麺

などなどがありました。

サイド・セットメニュー

17時からの限定

限定に弱いんですよね。過去に 背脂中華を食べた記憶があるので 今回は夜限定の豚ラーメンを選択しました。

豚ラーメン(大盛)

お腹が空いていたので、大盛りを選択しました。

すると店員さんから、

「このメニューの大盛りは通常の特盛と麺の量が同じです。どうされますか?」

と言われました。

なんだか、チャレンジ精神に火がついてしまい 大盛りを選択してしまいました。

ちなみに、にんにく・野菜・油・醤油 は全部「」にしてあります。

具材は、チャーシューと野菜でしたかね。

麺がオーション100%に生まれ変わりました!
小麦の風味豊かな特注低加水麺
お楽しみください。

この言葉がメニュー表にありました。

よく分からなかったのでオーション麺について調べました。

【二郎はなぜうまいのか?】第一部 ~麺~ : Cooking Maniac
もはや文化であり、独自のジャンルにまで発展したラーメン二郎。おれも大好きで、一時期は熱狂的なまでのファンであり、約2年間の間、毎週欠かさず2~3回ほどは二郎を食べていた。それが、もう7年も昔のことになるのだが、いまだに二郎は大人気で、単なる一過性のブー

上記サイトによると

“強力粉”によって、麺のコシが強い
“精製度が低い”によって、小麦の香りが強い
“低加水率”によって、小麦の密度が高く、弾力が強い
“超極太麺”によって、歯応えが強い

まぁ 調べると二郎系ラーメンの麺のようですね。

詳しく説明できなくてごめんなさい。

スープ

油も正油も「並」ですが しっかりとした味です。

まとめ

軽い気持ちで大盛りにしたのですが、すごいボリュームでした。

なんとか食べきれました。食べ終わった後、動けない感じになってしまいました。

「しばらく ラーメン食べなくていいかな」

って思いますけど ブログを書いている今は 「また 行こう^_^」って気分です。不思議ですね。

おまけ

「新潟 ラーメン」でアマゾン検索をかけた おすすめ2品 です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました