新潟ハーフマラソン2023開催決定!!参加費が7,500円!!(◎_◎;)これって高いの?

新潟ハーフマラソン2023

 

こんにちは「ゆきだるま」と申します。

2023年3月19日に『新潟ハーフマラソン2023』の開催が決定しました。

この大会は第1回から参加している 想い出深い大会です。

今回は 参加費について コメントしたいと思います。

 

新潟ハーフマラソン2023

 

 

参加費の話に入る前に・・・

 

コース

 

公式HPよりお借りしました。

 

高低差を見ていただけると分かりますが、ほとんどありません。

風の影響がなければ 記録が狙える素晴らしい大会です。

 

参加費について

ここからが本題

 

2023年の大会の参加費が7,500円となっています。

 

2017年5,000円4,000人
2018年5,000円5,000人
2019年5,000円5,000人
2020年(中止)5,500円5,000人
2021年(周回)4,500円第1部 1,000人

第2部 1,000人

2022年(開催なし)
2023年7,500円3,000人

 

第1回は5,000円でした。

それから 2,500円 値上がりしています。

 

これは コロナのせいで 参加人数を抑えているからなのでしょうか?

それとも 円安の影響で物価高だからでしょうか?

 

明確な理由は よく分かりません。

 

ちなみに 他のマラソン大会の参加費を調べてみます。

 

新潟で行われるハーフマラソンの参加費一覧

 

角田山一周ハーフマラソン6,000円2023年4月
燕さくらマラソン5,000円2023年4月
佐渡トキマラソン(ハーフ)5,000円2023年4月
笹川流れマラソン5,000円2023円4月
見附刈谷田川ハーフマラソン5,000円2023年4月
米山山麓ロードレース(ハーフ)5,000円2023年4月
柏崎潮風マラソン(ハーフ)5,500円2023年5月
白根ハーフマラソン4,000円2023年5月

 

みしま西山連峰登山マラソン4,000円2022年5月(中止)
高田城ロードレース(ハーフ)5,500円2022年6月
南魚沼グルメマラソン6,000円2022年6月
越後湯沢秋桜ハーフマラソン5,500円2020年9月(中止)
長岡縄文の丘・米百俵マラソン5,668円2021年11月
寺泊シーサイドマラソン(ハーフ)5,000円2022年10月
越後妙高コシヒカリマラソン5,000円2022年11月
柏崎マラソン(ハーフ)5,500円2022年10月
ごせん紅葉マラソン(ハーフ)5,000円2022年11月
魚沼コシヒカリ(ハーフ)5,500円2022年11月

 

私が知っている限りのハーフマラソン大会の値段です。

一番 最安値は『白根ハーフマラソン』『みしま西山連峰登山マラソン』の4,000円でした。

 

 

値上げについて思うこと

ちょっと マラソン大会から話がそれます。

 

ブランディング

 

 

 

安売りを売りにした業態はむずかしい。

ブランド価値を高めて

『高くても買うよ』っていうふうな ブランディングをしてないと厳しい。

 

そもそも 7,500円という参加費ってどお思いますか?

高いですか?

他と比べると高いですよね。

 

でも 新潟ハーフマラソンには 『7,500円を出しても参加したい』と思うイメージを作れるといいですよね。

例えば・・・

コースがフラットで記録が狙いやすい。

3,000名が参加するので 同じレベルの人が沢山いる。

ゲストランナーが豪華

安藤友香

2021年 1:10:10

2019年 1:10:32

鈴木健吾

2019年 1:03:27

 

うまくブランディングすれば 7,500円でも納得してもらえそうですよね。

 

コースを試走

 

最後にコースを走ってきたので、そちらを紹介して ブログを終了します。

 

↑コースの解説は 過去に作成しました。

 

2023年1月7日(日) コースを試走してきました。

 

冬なので、外の気温は4℃でした。

 

ビッグスワンからスタートです。

 

21km 走ってきました。

 

帰ってきた時は 少し 暗くなってました。

 

まとめ

 

新潟ハーフマラソン 2017年から始まり 今回で5回目(?)になります。

皆さんは 参加しますか?

参加費について 思うところがありますか?

あればコメント欄で教えてください。

 

『ゆきだるま』は 参加しようか・・・

検討中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました