【魚沼市】明神峠・銀の道

明神峠・銀の道

新潟の山歩き50選」と呼ばれる本の28番目に紹介されている山です。

本で紹介されている内容より引用

登山口から山頂まで 2時間10分

(石抱橋から明神峠まで)

難易度 ★☆☆☆
地図

Google Earth Pro

Relive

タイムラプス

photo
銀の道(旧枝折峠きゅうしおりとうげ

 「ぎんみち」は平安末期へいあんまっき長寛元年ちょうかんがんねん(1163年)尾瀬三郎おぜさぶろう房利卿ふさとしきょう?きょうわれ、尾瀬へびた道としての伝説でんせつっている。それからやく500年後ねんご銀山ぎんざん発見はっけんされ、銀をはこ唯一ゆいいつの道であった。銀山最盛期さいせいきには、一万数千人いちまんすうせんにんし、人馬じんばえることがなかったという。

ひとあせうまの汗、そして遊女ゆうじょなみだ…さまざまな人間模様にんげんもようきざまれ、どれほどの汗や涙をったことだろうか。

のぼくちは、口留番所くちどめばんしょのあった駒ヶ岳こまがたけ山麓さんろく駒ノ湯こまのゆちかくの、坂本さかもとからはじまる。坂本~枝折しおり大明神だいみょうじん標高差ひょうこうさ900mで、延長えんちょうやく8km、眺望ちょうぼうところ水場みずばなど自然しぜん一服場いっぷくばまれ、人々ひとびとかたらいの場となっていた。また、問屋場とんやばには、季節きせつ遊女までいたという。

あせなみだかためられ、銀鉱ぎんこう町ととも栄枯盛衰えいこせいすい歴史れきしきざんだみちである。

魚沼市教育員会より引用

栄枯盛衰の歴史を刻んだ道」上記文章を考えた人は天才でしょうか。

以上になります。ご覧になっていただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました